美を追求する女性のために

女性の課題!脱毛、ムダ毛処理方法や料金相場を比較

自分に合う方法を見つけよう。自分で行うムダ毛の処理方法

脱毛

女性の悩みの一つであり、面倒なことの一つでもあるムダ毛。現在では、女性だけでなく男性もムダ毛の処理をしている人が増えています。
そのムダ毛を処理する方法は様々あり、お金がかかるものからお金がかからないものまで様々です。
それらに一つ共通している点は時間です。ムダ毛を処理するにはある程度時間が必要になります。それでは、自分で行うムダ毛の処理方法について紹介していきます。

 

自分でやるムダ毛の処理方法

 

自分でムダ毛を処理することのメリットは、気軽にできることです。毛を剃ったり抜いたり、焼き切ったり薬剤を使用するなどの方法があります。

 

ムダ毛を剃る処理の仕方

 

毛を剃る方法としては、剃刀や電気シェーバーやペンの形をした機械があります。剃刀は簡単スピーディーにムダ毛を剃ることができます。
しかし、丁寧にやらないと肌へのダメージは大きくなります。電気シェーバーは肌へのダメージは少ないですが、深く剃ることには不向きとなっています。
ペンの形をした機械は、太いムダ毛を処理するのには向いていませんが、産毛などの細い毛を剃るのにはオススメの機械となっています。

 

ムダ毛を抜く処理の仕方

 

ムダ毛を抜く方法としては、一般的な毛抜きを使用したり、ワックスや脱毛テープを使用したり、毛を自動で抜いてくれる電動毛抜きがあります。一般的な毛抜きは、ピンセットのような毛抜きになります。
この道具を使用すると暫く毛は生えてきませんが、毛穴にダメージを大きく与えてしまいます。

 

そして、ワックスや脱毛テープは、そこそこ広い部分を一気に抜くことができるが、貼ってから剥がすため、肌へのダメージは大きくなります。
それと電動毛抜きは、ムダ毛を抜いてくれる機械になりますが、あまり毛穴には良くありません。しかし、効率よく速やかにムダ毛を抜いてくれます。

 

ムダ毛を焼き切る処理の仕方

 

熱の力を利用して、ムダ毛を焼き切る機械も販売されています。これらは、綺麗にムダ毛を処理することができますが、火傷するのではないかという心配も少しあります。

 

薬剤を使用してムダ毛を処理する仕方

 

ムダ毛を処理する薬剤は、除毛クリームや脱色剤や抑毛剤があります。
脱毛クリームは毛を溶かします。毛を溶かすので綺麗に脱毛することができますが、皮膚への負担は大きくなります。そして脱色剤は、ムダ毛の色を抜き、ムダ毛を目立たなくするものになります。
そして、抑毛剤は、ムダ毛の成長を遅くしたり、毛を細くします。皮膚へのダメージはありませんが、あまり効果がない場合があります。

 

まとめ

 

自分でムダ毛を処理することによって、誰からも見られることなく手軽に処理をすることができます。
ムダ毛を処理することは自分のためになるし、周りの人を不快にさせないためにもなるので、ムダ毛の処理は定期的に行いたいものです。


脱毛サロンを選ぶ上での主たるポイント

脱毛サロンを検討する方々は、とても多いです。自分でむだ毛処理をするのも大変ですから、サロンで施術を受けようと思う事もあるでしょう。
それでサロンを選ぶとなると、幾つかポイントがあります。様々な方法で、サロンの比較をしてみると良いでしょう。

 

予約の取りやすさという基準

では具体的にどういう基準でサロンを比較すると良いかというと、まず予約に関するポイントです。脱毛の施術を行ってくれるサロンは、それぞれ予約の取りやすさに関する違いがあります。
かなり予約が取りやすいお店もあれば、その逆もある訳です。スムーズに予約が取れるシステムが完備されているか否かは、サロン選びのポイントになるでしょう。

 

施術のクオリティーでお店を比べる

それと施術のクオリティーは、やはり軽視できません。上記でも触れた通り、予約の取りやすさも確かに大切なポイントです。
しかしやはりお店で施術を受ける以上は、脱毛に関する効果は軽視できないでしょう。しっかりとした休もうが可能なのか否かは、重要なポイントと言えます。
高い技術があるお店かどうかは、確認しておくと良いでしょう。

 

来店回数で比較する

また脱毛サロンは、それぞれ来店回数に関する違いもあります。例えばサロンAの場合は、トータルで12回前後だとします。それに対してサロンBの場合は、20回前後といった具合です。
それぞれのお店によってやり方も色々異なりますから、こういう差も生じるわけです。
それでAのようなお店ですと、やはり通う労力も小さくなるでしょう。
回数は少ないに越した事はありませんから、やはりそれも軽視できないポイントなのです。

 

来店の利便性で比較

それと意外に軽視できない点が、地域に関する要素です。そもそも夏のサロンは、何回も通い詰めることになるでしょう。それだけに、場所だけに便利か否かは、やはり軽視できない訳です。
いくら良い技術があるサロンでも、自宅からかなり遠いお店では、労力も大きくなってしまいます。交通アクセスが充実しているか否かも、サロン選びのポイントになる訳です。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ